分散投資

超初心者向けFX講座

【FXをやらないことこそが危険なギャンブル!?】FXと分散投資について

更新日:

FXはリスクが大きい投資だ、と言われることがあります。これは私が公務員だった頃、同僚からもよく言われた言葉です。FXというと、「よくそんなギャンブルに手を出せるな」「俺はそんなリスクは取りたくない」というのが大多数の反応でした。

公務員らしいと言えば公務員らしい意見ですが、果たして投資をしていない人々はリスクを取っていないと言えるのでしょうか?

投資をしないことは危険なギャンブルである!?

投資をしないことは危険なギャンブルである、というのが私の考えです。

なぜなら、投資をしないということは一つの資産、すなわち日本円に全力で賭けていることに他ならないからです。

例えば資産500万円のサラリーマンがいるとします。彼は「投資などインチキだ、ギャンブルに過ぎない」という持論の持ち主で、資産は全て日本円の現預金です。ここで、急激なインフレにより円の価値が半分になったとしましょう。円の価値が半分になるということは、円安になったということです。

様々な通貨に投資しているFXトレーダーの中には莫大な利益を得る人もいるはずです。クロス円のみと仮定すると、ポジションが円に傾いていない限りは利益が出ると予想されるので、長期投資のスワップ派も大きなキャピタルゲインに恵まれる可能性が高いでしょう。しかし、件のサラリーマンは資産の半分を丸々失うことになります。日本円に全額を投資していたからです。

このように、投資をしないということは、一つの資産に全てを賭けた危険なギャンブルであると考えることもできます。

何も毎日頻繁にチャートをチェックするような敏腕のスキャルパー(超短期投資家)を目指す必要はないのです。私の知り合いには、FXを外貨預金代わりに使い、世界の通貨に分散投資をしている方もいます。こうした投資法をギャンブルとレッテル張りし、自分が日本円という一つの資産に超集中投資していることから目を逸らすのは賢明とは言えません。

当サイトではFX初心者向けに日々情報を提供していますから、是非お目通しいただき、少しでもFXに興味を持っていただければ幸いです。

-超初心者向けFX講座
-

Copyright© サラリーマンのための兼業FX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.