官公庁舎

その他

公務員こそ副業FXをやるべき

更新日:

このページは公務員、或いは副業禁止の会社に勤めているサラリーマンの方向けです。

実のところ、この記事を書いている私自身、かつては公務員として役所に勤めていました。そして本業とともにFXに真剣に取り組み、(運も味方して)財を成すことができました。お金以外にも得たものは非常に大きいです。ですから、自身の体験を根拠にはっきりと断言します。

「公務員こそFXをやるべき」です。

理由は3つあります。

1つ目の理由「副業禁止規定に引っかからない」から

実のところ給与に恵まれているとはいいがたい公務員ですが、法律により副業すら禁じられています。しかし、それでも可能なのがFXです。当サイトでは便宜上副業という言葉を用いることが多いですが、FXは厳密には資産運用であり、副業ではありません。仮に月8万円程稼ぐことができるとすると、年収は100万円アップします。(勿論損失を被る可能性もありますが…)

2つ目の理由「ビジネス感覚を身に着けることができる」から

FXにおいては市場を取り巻く経済環境を理解することが必要です。長年公務に携わっていると、経済・金融・ビジネスに関する知識や経験が民間のサラリーマンに及ばないことが実感できてしまいます。かく言う私もかつてはそうでしたが、FXを始めてからは、特に金融の分野では金融業界で働く民間のサラリーマンを凌駕できるほどの知識を得ることができました。周りの公務員が経済・金融・ビジネスに疎い中、あなただけがそうした分野に詳しければ、かなりのアドバンテージになるでしょう。

3つ目の理由「人間心理を理解することができる」から

公務員の方はどうしても大衆の意見に乗ってしまいがちです。(私もそうでした。)「赤信号、皆で渡れば怖くない」という言葉がありますが、これほどまでに公務員の仕事の進め方を的確に表現する言葉があるでしょうか?FXにおいてはこの真逆が求めれます。大衆の意見に逆らうことで利益を得ることができるのです。人間心理を理解して行動すること、すなわち大衆の意見に流されずに正しい道を選ぶこと。FXではこれが非常に重要なのです。

これら3つの理由から、私は「公務員こそFXに取り組むべき」だと考えます。もしこのページを読んで、FXについて少しでも興味が湧いたのであれば幸いです。当サイトでは初心者向けに兼業(副業)FXのノウハウを解説していますので、ぜひ他のページもご覧ください。

-その他
-,

Copyright© サラリーマンのための兼業FX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.