FXチャート

超初心者向けFX講座

FXとは何か(レバレッジと外為取引について)

更新日:

FXとは「Foreign Exchange」、日本語で「外国為替証拠金取引」の略称です。それでは、「外国為替証拠金取引」とは一体何でしょうか?

一言で言うと、「レバレッジをかけた通貨の売買」です。

初心者の方の多くは「レバレッジって何?」「通貨を売買するってどういうこと?」とお思いのことでしょう。

そこで、このページでは「レバレッジ」と「通貨の売買」について、具体例を示しながらご説明します。

まず「レバレッジ」についてご説明します。

例えば、レバレッジが25倍だとしましょう。(国内のFX業者を使う場合、基本的にレバレッジは25倍です。)この時、あなたは口座に預けている資金の25倍の金額の取引を行うことができます。

あなたが口座に5万円預けているとすると、その5万×25=125万円分の取引を行うことができるのです。仮に1ドル125円だとすると、1万ドル=125万円なので、口座に5万円預けているだけで1万ドル買う(売る)ことができる訳ですね。

次に「通貨の売買」についてご説明します。通貨を売買するとは一体どういうことなのでしょうか?一番身近なドル/円を例にご説明します。

まず、ドル/円の買い(=ロング)について、具体例を基にご説明します。今、1ドル125円だとします。ここで、「ドル/円を1万通貨ロングする」とは、円を使って1万ドルを買うことを意味します。FXではこの買った1万ドルを売ることによって利益・損失を確定させます。先ほどの1万ドルを買ったままの状態で、今度は1ドル126円になったとします。ここで決済(ドルを売却)すると、1ドル125円で買ったものが126円で売れたわけですから、1ドルあたり1円の利益になります。今回の場合は1万ドル買っていたため、1万円の利益になるという訳です。

FXとはこのように、レバレッジをかけて通貨を売買することを指します。何となくでもイメージがつかめましたでしょうか。

当サイトではFXについて、初心者の方向けに詳しくご説明しておりますので、「FXを副業にしたい!」、「FXに興味がある」といった方は是非とも他のページもご覧ください。

-超初心者向けFX講座
-,

Copyright© サラリーマンのための兼業FX , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.